グイン サーガ



c0028452_12425767.jpg
c0028452_12433599.jpg

 ちょっと本の紹介!
 いろいろ本も好きだけど、グインサーガは30年くらい前からずーっと、新刊されたらすぐに買ってその日のうちに読んでしまうという入れ込みようだ。
 作者の栗本薫はあの中島梓さんであるが、100巻で完結するはずが、現在99巻まで来て、またしても振り出しに戻ったような感がある。
 この物語はものすごく長大で、世界観や単位を覚えたり、もちろん数多い登場人物の生き様を理解するまで、かなり時間がかかり、始めはついていけなかった。しかし、一度はまってしまうとこの世界観はすごく興味深くて、こうして私を30年間も引き付けているわけだ。このまま栗本氏と心中する覚悟である。ぜひ完結するまで元気でがんばってほしい。(後で苦言も)
 主要な登場人物はそれでも、20人ほどは覚える必要がある。グインはもちろんだが、今は無きパロの宰相アルド ナリス、赤い盗賊でありゴーラ王イシュトバーン、パロの新女王リンダ、吟遊詩人マリウス、魔導師バレリウス、パロの前王レムス、草原の狼スカールなどなど挙げたらきりが無い。
 内容については実際に読んでいただきたい。今ならブックオフで1冊100円くらいで50巻ぐらいまでなら手に入るはずだ。
 こういう場合、誰が一番好きかという話になるが、ファンクラブでもアンケートがとられているようだ。私はというと、自分がこの世界に居たら誰になりたいかという観点で見れば、・・・・・・・・・
グインのそばに居て、結構冒険ができて、最悪の時はちょっと離れていてという感じがいい。
 ランゴバルド候ハゾスなんかのポジションかな?
 好きなキャラはマリウスやスカール、ヨナなど準主役系。
 最近は、もうここまできたので最後まで付き合うという気持ちで読んでいる感じで、ストーリーの展開としてはナリスが非業の死を遂げるところまでが良かったように思う。中世っぽい異世界ファンタジーだからグインが宇宙船に乗ってしまうとちょっと興ざめだ。
 栗本薫氏には原点に帰ってファンタジーを書き続けてほしいと願っているが、魔界水滸伝みたいになっても困るので、このまま応援することにしよう。
[PR]
by goldenhear | 2005-03-20 13:13 | 映画
<< 常夏 ホワイトレディ >>