レイン オーレイン

c0028452_187111.jpg
隠れたウエストコーストサウンドの名曲として私が思っているのが、このフールズゴールドのRAIN OH RAINやOLD TENNESSEEやLOVE ME THROUGH AND THROUGHなのです。このフールズ ゴールドは、76年デビューでこのアルバムではイーグルスのメンバーやダン フォーゲルバーグなどがバックアップしているので音的には本物のウエストコーストサウンドです。あまりメジャーにはならなかったですが、私的には、イーグルスに匹敵するくらいすきです。アコースティックギターの音をとても大切にして曲作りしているので、きらきらするような音色のギターサウンドを楽しめます。
 たった1枚のアルバムで消えていったアーティストは数多くいますが、このフールズ ゴールドも一瞬激しくきらめいて消えていったんでしょうね。レコードで持っていたのですが、最近CDにもなって、結構ファンがいるんだなとうれしく思いました。ウエストコーストではいろんな知り合い同士がセッションして、適当にバンド名をつけてアルバムをだして、解散してほかの知り合いと組んでまたアルバムを作って・・・なんて事が多々あって、わけのわからないバンドがいっぱいあるわけですが、それぞれの音楽的実力はなかなかのものです。
 バニーレドン&マイケルジョージアテストバンドなんかもいい曲あるんですがねえ・・・・・。
まあ、こんなマイナーなばんども大好きなんですが。
[PR]
by goldenhear | 2005-01-11 18:30
<< ファイヤーハウス サウンド オブ ミュージック >>