走れ! コータロー

c0028452_20313798.jpg
押尾コータローの登場で、ちょっとマイナーだったソロギターの世界があっという間にメジャーになったね。中川イサト渡辺香津美小松原俊、打田十紀夫などベテランや斉藤 誠、岸田眞明などの若手までいろいろなバリエーションが聞けてとても楽しい。
 でも、ほとんど彼らはテクニックを公開していないね。それなりの人が聞けば分かるのだろうけれど、アマチュアのわれわれが聞いただけでは、チューニングも指使いもわからない。
 でも最近、南澤大介がソロギターのしらべという本を出してくれたおかげで、無知な私でもだんだんできるようになってきた。彼はレギュラーチューニングにこだわって名曲をアレンジしているからだ。
 一度視聴される向きには、下記のアドレスから聞きにいって下され。

 http://www.rittor-music.co.jp/category/score_guitar/index.html

ルーツを探っていけば、黒人音楽にたどり着き、最後はクラッシックギターになるのだろうが、やはり押尾コータローにつながると考えると、マイケル ヘッジスウィル アッカーマンになるんだろうな。もちろん石川鷹彦吉川忠英も忘れてはいけないのだろう。
 どちらにしても、あれほど軽やかに、気持ちよく自由自在にギターを弾いてみたいものである。私としてはギター侍よりはちょっとましかという程度、 残念!
[PR]
by goldenhear | 2005-01-17 21:01 | 音楽
<< 遠い世界の血まみれの鳩 ファー ラ ウェイ >>