カテゴリ:未分類( 8 )

遠い世界の血まみれの鳩

c0028452_21273387.jpg
 最近の国際情勢を見ると、ただ平和で地震に怯える日本人として恥ずかしくなるほどひどい状況だと思う。あの五つの赤い風船が、何かに向かって叫ぶようにメッセージフォークを歌っていた頃、日本人はもう少し考えていたはずだ。
 私の大好きな「血まみれの鳩」は今、イラクの空を飛んでいるのだろうか。
 「遠い世界に」旅に出た私たちは、今どこを歩いているのだろうか。
 NHKが朝日新聞と出口のない不毛な論争をしている頃、「夜回り先生」は癌と闘いながら夜の街を歩いている。
 私たちは、毎日の生活に追われて、手足を動かし、だんだん目が利かなくなってしまう。
 伝わる思い・・・・、伝わらない思い・・・・、
   聞こえてくる歌・・・・、届かない歌声・・・・・。   

   遠い世界に   旅に出ようか  それとも赤い  風船にのって

   雲の上を  歩いてみようか   
 
[PR]
by goldenhear | 2005-01-21 21:46

ファー ラ ウェイ

c0028452_20312472.jpg


 今日も この空とともに どこまでも 歩いていこう

    あの山を超えていけば 答えが見つかるかもしれない

       だから ゆっくり ゆっくり 歩いていこう 

         ギターを片手に
[PR]
by goldenhear | 2005-01-14 20:37

名前のない馬

c0028452_2022974.jpg
 やっぱりアメリカですか。どうしてもこのバンドは通る道ですね。もちろんしシスター ゴールデン ヘアが1押しなんですが、人によっては名前のない馬が好きだという向きもありますね。あの単調なコード進行であれだけの名曲を作ってしまう、これはすごいことです。私も曲つくりでは苦労していますが、それでもコードは10個は使いますから、アメリカはすごいです。最近このアルバムを聞くとベンチュラハイウエーのギターがさわやかでいいなあと感じています。アメリカなんて大きな名前をつけたものです。われわれでいえば、Xジャパンみたいなつけ方ですよね。カナダとかブラジルとかいうバンドあるのでしょうかね。都市名はまあありますが、国名はどうでしょうか。でもバンドとしてはカントリーロックの原点のようなバンドでありながら、都会的な曲も多く、なかなかの実力バンドだと思います。10年くらい前に来日して地方公演をしたとき、ライブに行ってきましたが、きれいなハモは健在でした。最近はどうしているのでしょうか?
 そういえばレイバンのサングラスもみなくなったですね。ヨン様のような細いサングラスが全盛ですから、持ってても恥ずかしくてかけられない状態ではあります。  残念!
[PR]
by goldenhear | 2005-01-14 20:23

ファイヤーハウス

c0028452_18191721.jpg
少し前になるけれど、新星堂でこのCDを見つけ、視聴したときはびっくりしたのです。
ファイヤーハウスがこれほどアコースティックだったなんて、ちょうどクラプトンがアンプラグドを出して、ブームになっていたのかもしれないけれど、このファイヤーハウスもすごくいいんですね。1曲目のYOU ARE MY RELIGIONからもう、「これいい!」という感じでずーっと視聴して、即買ってしまいました。アコギでバンドをするときのいろいろなテクニックがすべて入っているようなアルバムで、すごく参考になりました。
 エレキを買おうかなと思っていたときに、エレアコでいこうと決心させてくれました。その後いろいろなアコギを入手しましたが、エレアコは安物ですが今も大切に使っています。
 そんでもって当時バンドに入ってエレアコをただ弾いて歌っていたのですが、とうとうファイヤーハウスの曲はやらずに終わりました。イーグルスやCSN&Yなどもとてもいいんですが
ハモが難しいですから、残念!
 バンドといえば、もうできないのかな?メンバーはみんな仕事があり、転勤や出張もある。集まって練習といってもつきに1回程度、練習してきた曲を思い出すだけで練習の半分は終わっているといった有様でしたが、楽しかったな・・・。オリジナルなんかもできたしね。知らない曲をメンバーが持ってきて、すごく気に入ったり、技術が未熟で断念したり、いろいろあったなあ。もうあんなことはできないかなあ、いいメンバーだったしちょっと残念です。
話は戻って、ファイヤーハウスはかなりねらい目ですね。歌うなら。
 次回は、CSN&Yの話でいこうかな?それともPOKOかな?
[PR]
by goldenhear | 2005-01-13 18:44

レイン オーレイン

c0028452_187111.jpg
隠れたウエストコーストサウンドの名曲として私が思っているのが、このフールズゴールドのRAIN OH RAINやOLD TENNESSEEやLOVE ME THROUGH AND THROUGHなのです。このフールズ ゴールドは、76年デビューでこのアルバムではイーグルスのメンバーやダン フォーゲルバーグなどがバックアップしているので音的には本物のウエストコーストサウンドです。あまりメジャーにはならなかったですが、私的には、イーグルスに匹敵するくらいすきです。アコースティックギターの音をとても大切にして曲作りしているので、きらきらするような音色のギターサウンドを楽しめます。
 たった1枚のアルバムで消えていったアーティストは数多くいますが、このフールズ ゴールドも一瞬激しくきらめいて消えていったんでしょうね。レコードで持っていたのですが、最近CDにもなって、結構ファンがいるんだなとうれしく思いました。ウエストコーストではいろんな知り合い同士がセッションして、適当にバンド名をつけてアルバムをだして、解散してほかの知り合いと組んでまたアルバムを作って・・・なんて事が多々あって、わけのわからないバンドがいっぱいあるわけですが、それぞれの音楽的実力はなかなかのものです。
 バニーレドン&マイケルジョージアテストバンドなんかもいい曲あるんですがねえ・・・・・。
まあ、こんなマイナーなばんども大好きなんですが。
[PR]
by goldenhear | 2005-01-11 18:30

サウンド オブ ミュージック

c0028452_11303741.jpg
 私がギターや音楽、とりわけアメリカ音楽に興味をもったのは多分、この「サウンド オブ ミュージック」だったんだと思うのです。中でもトラップ大佐がギターを弾いて歌うエーデルワイスやマリアが歌うドレミの歌など幼い私にかなりのショックを与えたと思います。
 鮮烈な印象と音楽の楽しさを私に植え付け、英語で歌える最初の歌の数々をもたらしたのです。最近、CDを手に入れ(もちろんレコードは持っていますが)改めて聞きなおすとその音楽性の豊かさに驚かされましね。
 中でも一押しの曲はクライム エブリ マウンテン(すべての山に登れ)で、修道院の老院長がマリアに向かって歌う歌ですが、ほんと勇気づけられる曲です。ラストでも流れますね。
 ストーリー的には、歌って、結婚して、逃げる話で、後半に行くに従って緊迫した場面が多くなり、ミュージカルとして見るだけでなく、サスペンスといってもいいのかもしれないですね。
 主演のジュリーアンドリュースはその後、身寄りのない子供の里親となって多くの子供を育てているようですね。すごいです。
 スマトラ沖の地震とつなみで多くの孤児が生まれているようですが、彼らの未来を考えると胸が痛みます。
 話は戻りますが、私が始めて出会った洋楽としてのサウンドオブミュージックの影響はすごくて、劇中でマリアが弾いていたギターが自分もやりたいギターで、その後出会ういわゆるアコースティックギター(ウエスタンギターともいう)はギターじゃないと思っていたのです。だから、高校時代はガットギターにピックガードを貼って使っていたのを恥ずかしく思い出すのです。
[PR]
by goldenhear | 2005-01-09 12:19

テイク イット イージー

c0028452_15421747.jpg
 テイク イット イージーを聞くのに一番ふさわしい場所は?と聞かれたら。
 天気のいい日と限定して、中央高速をクルージング中、北海道のドライブ、広い芝生の上で寝転がって、などすぐ思い浮かべてしまうけれど、毎日の通勤マイカーの中で、週1回は聞いているのが現実ですね。
 そんなシチュエーションでもいい気分にさせてくれるのがこの曲です。ギターで始まる最初のG、小指残しのAm7,D7という簡単なコードなのに、ここでカリフォルニアの抜けるような青い空が見えてくるのは私だけでしょうか?ハモもすごく好きで、マイバンドでもレパートリーにして挑戦しましたが、これが結構難しいのです。ファルセットの高音がなかなか出ないんです。
「きらくにいこうよ」なんて日本の楽曲にはあまりないでしょう?(そういえば、かまやつひろしが「のんびりいこうよ」って歌ってったね)
 ほんと、きらくに生きたいよね。
後半から入ってくるバンジョーがまた好きで、イーグルスのルーツが、しっかりカントリーにあることを感じさせてくれますね。ウエスタンシャツとずたボロのジーンズをはいて、いつまでも空を眺めてダラダラと生きていきたくなる1曲です。
 
[PR]
by goldenhear | 2005-01-08 16:02

ダンス ウィズ ミー(オーリアンズ)

c0028452_14312071.jpg はじめまして、ブログ初心者のgoldenhearです。みなさん、よろしくおねがいします。
 タイトル通りアコースティックギターの抜けるような音が大好きなので、1回目はダンス ウィズ ミー。オーリアンズの名曲です。この曲の出だしから歌にいくまでを聴くだけでゾクゾクします。
 学生時代には何とかこの部分をコピーしようとがんばったのですが、断念。少し前にサムシングエルスがデビューした時、いとも簡単に3人でハモっていてギターもバッチリでした。そして、好きな曲をやってくれただけで、サムエルのこと好きになりました・・・。
 オーリアンズは他にもスティル ザ ワンなど好きな曲がたくさんあります。昨年イーグルスが来日公演をしてくれましたが、オーリアンズも来日してくれるとうれしいのですが、今でも活動しているのでしょうか?
 ギターの音色的には大好きな音で、車でドライブするときにちょっと大き目のボリュームでかけて聞くと、ギターとハモの絶妙な感じが最高です。
 私のブログのタイトルどおり、青い空と白い雲の下で聞いてほしい1曲です。
[PR]
by goldenhear | 2005-01-08 14:59